水道代節約にウォーターサーバーは使える?

ウォーターサーバーは水道代節約に繋がるのか

ウォーターサーバーは水道代節約に繋がるのか 家族の多い家庭がウォーターサーバーを利用することで、毎月割と大きい出費になっていた水道代金が大きく節約できた場合には、節約効果あると考えることができます。しかし、節約効果の有無は家族の人数によっても左右され、これまで使用していた水道量と比較した場合における相対的な節約効果があると言えますので、ウォーターサーバーは水道代節約にも使えると考えられます。

一般的には、ウォーターサーバーの水は飲料水や料理用の水として用いられることが多く、洗濯やお風呂に使用するという目的でウォーターサーバーの水を注文する人はとても少ないのではないかと考えられます。洗濯やお風呂は水道水の水を用いる場合には、もちろん水道は契約しておく必要があります。ほとんど水道を使用しない人も、ある程度水道を使用する人も、一定の量までは皆同じ基本料金を支払うことになっています。

一人暮らしの人で、あまり水道を使用しない人の場合、ウォーターサーバーで水道代が節約できるかと言うと、そうではありません。この場合、ウォーターサーバーは美味しいお水がより安心して飲めるというメリットを享受するために契約するということになるでしょう。反対に、家族が非常に多く、「水道水の使用が基本料金では間に合わない」「水道代を節約したい」といった場合はウォーターサーバーをおすすめします。一人暮らしの場合と家族が多い家庭とは若干事情が異なります。5人暮らしで水をよく使い、飲料水として水をたくさん飲む家庭の場合には、ウォーターサーバーにすると相対的な節約効果が期待できることでしょう。

ウォーターサーバーには宅配タイプのウォーターサーバーや、水道水直結型のウォーターサーバーもあります。そのため、これまでと同じ量の水道水を消費するというのであれば水道代は変わらないか、高くなってしまう場合があります。水道代の節約の基本は「節水をする」ということです。毎日の洗顔や歯磨き、食器洗いなどの水道を使う際に家族が意識をし、お風呂の際でも湯量をいつもより少なく設定する、シャワーを出しっぱなしにしないなど節水するなど、家族全員で協力して無駄な水を消費しないようにすることが、水道代金を節約する上で最も大切なポイントです。ウォーターサーバーを使用することで、これまで水道水を浪費していた家族の意識が変わって節水を心掛けるようになり、水道水の使用量が減ったという場合は、ウォーターサーバーによって水道水の節約が出来たと言えるでしょう。

トピックス